上司ガガガ外国人

さて、英語の勉強でもしようか

トムとマイク、彼らのどちらかが間違った事を言っている



広告:

 

http://www.flickr.com/photos/29909815@N00/2478514667

photo by aeu04117

 

「トム(仮名)とマイク(仮名)、彼らのどちらかが間違った事を言っている」と書こうとして、上手く書けなかったので、ここでリベンジしてみたいと思います。

 

どちらかがは、Eitherを使えば良いと思うので、

Tom or Mike, either of them are saying wrong thing.

 

と書けば良いと思ったのですが、なんだかしっくり来ません。

少しeitherについて調べると、eitherは肯定文や否定文ではあまり使用されず、疑問文のときに使われる事が多いそうです。

 まとめると、either of themが使えるのは疑問文だけで、肯定文や否定文では使わない!となります。ま、これが大学入試で積極的に問われることはないと思います。でも、英作文では注意してくださいね。この内容は『THE CHICAGO MANUAL OF STYLE 15th edition』というアメリカのジャーナリストがよく使っている英文法バイブルを参考にしました。でも、これって基礎じゃないよね、絶対に!

参考:薮下研究室 › either of themの使い方に注意!(構文017)

 

なので、書き換えると、以下のようになります。

Tom or Mike, one of them are saying wrong thing.

 Either を oneに変えて、彼らのどちらか一方というのを強調してみました。また、この書き方の場合、them はトムとマイクのどちらかしか出てきていないので、このままで良いんだと思います。

 

今回の英作文では、難しい単語は全く出てこないので、ただ単純にeitherの使い方だけに気をつければよかったと思います。キーとなっている単語を見つけ、その意味と使い方がわかればれば理解が進んでいくはずです。

 

おしまい。

 

 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

 

広告を非表示にする