上司ガガガ外国人

さて、英語の勉強でもしようか

英語のメールはだんだんと簡潔になっていく。



広告:

 

http://www.flickr.com/photos/93607213@N00/73627419

photo by JohnnyEnglish

 

日々英語メールを書いていると、見えてくる物があります。

主に海外にいる同僚とのメールでの事です。あ、メールと言っても、紙じゃなくて電子メールです。写真はちょっと紛らわしくてすみません。

 

初めてコンタクトを取る人であれば、ある程度かしこまったメールを送るところから始まるのですが、やり取りが増えてくるにつれて、だんだんとメールが簡潔な物になっていきます。

 

日本語でのメールのやり取りでも、だんだんとメールが簡潔になっていくのは同じなのですが、日本語の場合では、始まりの「お疲れさまです」とか、終わりの「よろしくお願いします」みたいな言葉は、使い続けることが多くあります。

 

それが、英語のメールになると、だんだんとメールが短くなっていき、最後には「ok」とか「sure」とかになっていきます。もちろん自分からそんなメールを送らないので、相手の出方に従うのですが。

 

シンプルなメールだと、こっちも長文を考えて使わなくていいので、気が楽になります。

 

今日は、そんなところで。このブログも短めに。

おしまい。

 

広告を非表示にする